沖縄県伊是名村の玉御殿にほど近い神山利和さんの畑で9日、小麦の収穫があった。神山さんは自家栽培した小麦で自家製品を作りたいと長年考えており、5年前から自宅菜園で小麦を育てはじめた。

豊作となった神山利和さんの小麦=12日、伊是名

 昨年からは、玉御殿の近くの畑に場所を移し、栽培を開始。収穫した小麦で、試作品としてパンに自家製小麦を練り入れて販売したところ味の良さが評判となり、すぐに売り切れたという。

 今年は小麦の質も良くて豊作で前年より3倍多く収穫できる見込みだという。神山さんは「原料から製造、販売まですべて自分の手でやりたいという夢がある。砂糖や卵、ミルク、フルーツも島産で作りたい。今後は島の特産品化にもつなげたい」と意気込んだ。

 自家栽培の小麦を原料にしたパンは、早ければ6月ごろから、家族で営む「レストハウスかみやま」と、妻が営む手作りパンとケーキの店「菓子の島」で販売する予定という。(比嘉靖通信員)