お酒の割り材「ハイサワー」を販売する博水社(東京、田中秀子社長)は、県産シークヮーサーとシチリア産レモンを使った果汁17%の高級缶チューハイ「ハイサワー缶プレミアム シークヮーサー×レモン」を16日から、全国の量販店などで販売する。

高級缶チューハイをPRする博水社の田中社長(中央)ら=15日、沖縄タイムス社

 果実系のハイサワーでは、1997年のグレープフルーツ味以来、22年ぶりの新味という。9年後の創業100年に向けた「戦略商品」として投入し、本年度は1万ケース(24本入り)の出荷を目指す。

 田中社長は「シークヮーサーの果実感が最も生きる味を追求し、約2年がかりで商品化にこぎつけた。自分へのご褒美として楽しみたい人にお薦め」とPRしている。

 350ミリリットル入りで希望小売価格は税込み322円。1缶当たりシークヮーサー果実2個分のストレート果汁を使用している。JAおきなわが、県物産公社を通して原料供給する。高級スーパーや百貨店を中心とした量販店や酒販店のほか、全国のわしたショップやJAおきなわのファーマーズマーケットでも販売し、順次販路を拡大する。

(写図説明)高級缶チューハイをPRする博水社の田中社長(中央)ら=15日、沖縄タイムス