神戸市垂水区で2016年10月、市立中3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、原因を再調査した市の第三者委員会は16日、報告書を公表した。同級生からの悪口や無視、インターネット上での中傷がいじめに当たり「自殺との関連性を認定する」と結論付けた。市教育委員会が調査メモを隠蔽したことで「遺族が傷ついた」と批判した。

 神戸市の中3女子生徒が自殺した問題で、報告書の内容を説明する市の第三者委員会=16日午前、神戸市役所

 市教委が設けた別の第三者組織は17年、いじめと自殺の直接の因果関係を認めず、遺族が反発。友人がいじめに関して説明したメモの隠蔽も発覚し、市は昨年7月から調査をやり直していた。(共同通信)