創作古武道唐手舞踊「てぃーらの会」(荻堂弘子家元)の舞台公演「よあけ〜武を舞う〜」が3月30日、豊見城市立中央公民館であり、空手や古武道の型を取り入れた「武道心」「かりゆしの舞」などの創作舞踊を披露した。 古武道と空手、舞踊を融合させた「三位一体のリズム」をテーマに創作活動を行っている同会。