沖縄タイムス+プラス ニュース

青森沖のF35A引き揚げか 深海作業支援船が停泊 那覇軍港

2019年4月18日 10:42

 那覇市の那覇軍港に、深海作業支援船「ファン・ゴッホ」=写真=が停泊しているのが17日までに確認された。バハマ船籍の民間船で米軍がチャーターしているとみられる。

那覇軍港に停泊している「ファン・ゴッホ」

 在日米軍を監視する市民団体リムピースの頼和太郎編集長によると、「ファン・ゴッホ」は3千メートルの海底から物をつり上げるクレーンを装備している。

 頼編集長は4月に発生した航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故に言及し、「F35Aの引き揚げのために寄港しているのではないか」との見方を示した。

 沖縄防衛局は17日本紙の取材に「(船の停泊の)詳細については現在米側に確認中だ」とコメントした。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ