沖縄タイムス+プラス ニュース

青森沖のF35A引き揚げか 深海作業支援船が停泊 那覇軍港

2019年4月18日 10:42

 那覇市の那覇軍港に、深海作業支援船「ファン・ゴッホ」=写真=が停泊しているのが17日までに確認された。バハマ船籍の民間船で米軍がチャーターしているとみられる。

那覇軍港に停泊している「ファン・ゴッホ」

 在日米軍を監視する市民団体リムピースの頼和太郎編集長によると、「ファン・ゴッホ」は3千メートルの海底から物をつり上げるクレーンを装備している。

 頼編集長は4月に発生した航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故に言及し、「F35Aの引き揚げのために寄港しているのではないか」との見方を示した。

 沖縄防衛局は17日本紙の取材に「(船の停泊の)詳細については現在米側に確認中だ」とコメントした。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS