慰霊の日を前にした「しまくとぅばで語る戦世 上映・語り・トークセッション」(主催・しまくとぅばプロジェクト、文化の杜)が22日、那覇市の県立博物館・美術館講堂であり、約150人の参加者が、島言葉を通して沖縄戦体験を継承する意義について理解を深めた=写真。