国のハンセン病隔離政策で、患者と同じように差別や偏見を受けたとして、元患者の家族ら561人が国に謝罪と損害賠償を求めた「ハンセン病家族訴訟」で、熊本地裁は17日までに判決日を6月28日午後2時に延期することを決めた。 同訴訟は昨年12月に結審し、判決日は今年5月31日と指定されていた。