スズキは18日、ブレーキなどの検査不正を受け、計約202万1590台(2015年5月~19年2月生産)のリコール(無料の回収・修理)を国土交通省に届け出た。対象は主力の軽自動車「スペーシア」などで、相手先ブランドによる生産(OEM)も含めて計29車種。国交省によると、届け出1件当たりのリコール台数としては国内で過去最多という。

 スズキ本社=浜松市南区

 スズキの「スペーシア」

 スズキ本社=浜松市南区  スズキの「スペーシア」

 国交省は18日、道路運送車両法に基づき、19日に浜松市の本社を立ち入り検査すると明らかにした。16年に燃費データの測定不正が発覚した際にも立ち入り検査を受けている。ブランドイメージの低下や経営への影響は不可避だ。(共同通信)