2015年の伊良部大橋開通後、宮古島では毎年10万〜30万人ペースで観光客が増加し、ホテルやアパートなどの宿泊施設や飲食店といった「受け皿」不足が深刻化している。本来、観光客はゆるやかに伸びるのが理想的だが、観光地としての知名度上昇で空路、海路共に急伸。