群馬県は18日、草津白根山の白根山の火山活動に伴う志賀草津道路(国道292号)の一部区間(約8・5キロ)の通行止めを解除し、例年通り冬季閉鎖を終える19日午前10時に、全線開通すると発表した。同道路は長野県と群馬県草津町を結ぶ観光ルート。気象庁は白根山の噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を維持し、火口から半径1キロの範囲で大きな噴石への警戒を呼び掛け中だ。

 志賀草津道路=2018年4月、群馬県草津町

 県は、火山活動は比較的静穏だとし、17日に行った避難訓練で安全対策を確認したことを解除理由に挙げた。一方、火山活動の活発化が確認されれば今後、警戒レベル2のままでも通行止めにする方針を示した。(共同通信)