学校法人こばと学園が運営する沖縄県読谷村長浜の私立幼稚園「読谷こばと幼稚園」で、理事長の地位や給与支払いを巡るトラブルが起き、勤務する全職員9人のうち、幼稚園教諭全員を含む8人が退職することが18日、分かった。法人はこばと園を存続する意向だが、職員らは在園児の受け入れ先として村内に認可外保育園を新設。両者が互いに緊急保護者説明会を開き、保護者に理解を求める事態になっている。こばと園は4月入園を含む3~5歳の園児56人が通っており、保護者に困惑が広がっている。(中部報道部・大城志織、社会部・篠原知恵)

職員と法人の理事長との間で給与一部未払いなどを巡りトラブルが起きている「読谷こばと幼稚園」=18日、読谷村長浜

 職員8人が12日に保護者説明会を開き退職の意向を示したのを受け、18日までに園児の過半数が職員らの認可外に転園を決めた。対応を決めかねている家庭の園児約10人は、こばと園に現在も通っているという。

 一方で法人側は26日に保護者説明会を開く予定。新しい職員は既に確保し、園の運営を続けることを表明する方針という。

 同法人の理事長の地位を巡っては、元理事長と現理事長の間で数年前から訴訟が起きていて、福岡高裁那覇支部で1月、現理事長の地位が認められた。

 退職について職員らは1~3月に給与の一部未払いがあったと主張。取材に対し「勤務継続は精神的に限界。残された園児はしっかりサポートする」と説明。現理事長は「残業代は必要書類が足りず払えなかった。経営を立て直して新体制で園を続ける」としている。

 私立幼稚園を監督する県子育て支援課によると、県は昨年度に運営資金などでこばと園に計1800万円を補助した。同課には保護者から「どうしたらいいか」など問い合わせが相次いでいるという。

「なぜ」保護者困惑

 「納得いかない。なぜこんな時期に」

 「読谷こばと幼稚園」を運営する学校法人と職員間のトラブルで、幼稚園教諭全員が退職するという事態に、保護者からは戸惑いの声が出ている。

 4歳男児の母親(41)は「何があったか詳しくは知らないが、大人のごたごたで子どもが犠牲になるのは心苦しい」と表情を曇らせる。職員への感謝はあるが巻き込まれたくないといい「別の園に移ります」と言葉少なだった。

 3歳男児が通う父親(49)は「先生たちの対応が良いので、同じ先生たちの下で遊ばせたい。子どもは(こばと園の)運動場で走るのが好きだったから、場所が変わるのはかわいそう」と話した。