全国の日本酒が味わえるイベント「クラフト サケ ウイーク」が19日、東京都内の六本木ヒルズで始まった。サッカー元日本代表の中田英寿さんが酒蔵選びなどを手掛けており、29日までの11日間、日替わりで計110の蔵元が登場する。

 東京・六本木ヒルズで始まった全国の日本酒が味わえるイベント「クラフト サケ ウイーク」=19日午後、東京都港区

 「東北の日」「九州の日」といったテーマごとに各日、10の蔵元が自慢の銘柄を出し、都内の人気レストランなども料理を提供する。蔵元関係者や利き酒師がそれぞれの味の特徴、食事との相性などを教えてくれる。

 19日は「スパークリング サケの日」で、山梨銘醸(山梨県)の「七賢」や相原酒造(広島県)の「雨後の月」などが並んだ。(共同通信)