熊本県は19日、大火災があったパリのノートルダム寺院(大聖堂)を支援しようと、募金や県のPRキャラクター「くまモン」をあしらったチャリティー商品の販売をすると発表した。フランス観光親善大使を2017年に務めたくまモンは「ボクも悲しかモン。早く元の姿に戻れるよう応援していくモン」とのメッセージを出した。

 支援のため作成されたくまモンのイラスト

 チャリティー商品は、くまモンが大聖堂を訪れた際の写真を載せたクリアファイルなどを企画。熊本市の物産館「くまモンスクエア」や東京の「銀座熊本館」で5月から販売し、売り上げを義援金に充てる。募金方法は、23日から県ホームページで告知する。(共同通信)