オリオンビールが缶チューハイ市場に参入する背景には、低価格でバラエティー豊富な同商品がアルコール飲料に占めるシェアをこの先も拡大させるとの見立てがある。