オリオンビールが缶チューハイ市場に参入する背景には、低価格でバラエティー豊富な同商品がアルコール飲料に占めるシェアをこの先も拡大させるとの見立てがある。ビール類の販売が伸び悩む中、2026年半ばにビール類の税率を一本化する改正酒税法が適用されれば最も割安な「第三のビール」の価格競争力まで低下する。