【国頭】やんばるの自然や古道など調査している「国頭古道研究会」の親川栄さん(64)ら4人が、伊湯岳を探索中に飛行機の残骸とみられる垂直尾翼を発見したとの本紙の記事(3月29日付)を読んだ読者から、村教育委員会(園原實教育長)に「確か復帰後に米軍ヘリ墜落があった記憶がある」との情報が寄せられた。