木村草太の憲法の新手

木村草太の憲法の新手(102) 夫婦別姓訴訟(下) 同姓のみ婚姻許すのは不平等 個人の選択を不当に区別

2019年4月21日 09:01有料

 前回は、サイボウズ社長の青野慶久氏らが提起した夫婦別姓訴訟の論理を検討した。原告らは、民法750条自体の合憲性を前提に、「夫婦は民法上同氏になるものの、戸籍上の氏だけは別氏とする制度がないのは平等権侵害だ」と主張していた。

人気連載「憲法の新手」が本になりました!

沖縄タイムスでの好評連載をまとめた第2弾。2017年1月から19年3月までを収録。改憲論議、児童虐待、文書管理、デマとの対峙、県民投票など多岐にわたる事象を、憲法学の観点から論じる。

■木村草太 著
■四六判/211ページ

ご注文はこちら

連載・コラム
記事を検索