共同通信 ニュース

男子100メートル、多田は2位 出雲大会、ケンブリッジ予選落ち

2019年4月21日 16:11

 陸上の出雲大会は21日、島根県立浜山公園陸上競技場で行われ、招待選手による男子100メートル決勝は、2017年世界選手権男子400メートルリレー銅メダルの多田修平(住友電工)が3・4メートルの追い風参考で10秒22を記録し、2位となった。白石黄良々(セレスポ)が10秒21で優勝した。

 男子100メートル予選に出場した多田修平(左)=島根県立浜山公園陸上競技場

 ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は予選で左脚に違和感があり、追い風1・5メートルで10秒53にとどまって決勝に進めなかった。

 女子100メートルの決勝では、12年ロンドン五輪代表の土井杏南(JAL)が追い風0・8メートルで11秒68の2位だった。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS