共同通信 ニュース

女子テニス、日本が2部残留 フェド杯WG2部入れ替え戦

2019年4月21日 15:19

 女子テニスの国別対抗戦フェド杯ワールドグループ(WG)2部入れ替え戦、日本―オランダ最終日は21日、大阪市のITC靱TCで行われ、日本が通算4勝で2部残留を決めた。

 日本―オランダ シングルスでビビアネ・スフーフスを下し、日本の2部残留を決めた土居美咲=ITC靱TC

 シングルスで、土居美咲(ミキハウス)がビビアネ・スフーフスを6―3、6―2で下して、3連勝で残留を確定。第4試合のシングルスは行われずに、ダブルスは青山修子(近藤乳業)穂積絵莉(日本住宅ローン)組が6―3、3―6、10―6で勝った。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS