トヨタ自動車は21日、中国・清華大と共同で、車の電動化や安全技術について研究する「清華大学―トヨタ連合研究院」を設立すると発表した。燃料電池車(FCV)に使う水素の利活用などを検討。大気汚染が深刻になっている中国で、環境負荷の小さい次世代車の開発で連携する。

 清華大に4月中に設置し、トヨタも人員を派遣して共同研究を実施する。期間は5年間。トヨタと清華大はこれまでも大気汚染の研究などで協力しており、対象範囲を広げる。

 豊田章男社長は清華大で講演し「燃料電池技術を車だけでなく、生活のあらゆる側面で活用し、中国で環境汚染のない社会を実現させたい」と強調した。(共同通信)