沖縄県名護市辺野古の新基地建設問題は、埋め立て承認撤回を巡り国と県の法廷闘争が想定されている。建設に反対する屋良朝博氏の当選で、直ちに形勢が逆転するわけではない。ただ、昨年8月の埋め立て承認撤回後の知事選、今年2月の県民投票から続く新基地建設に反対する民意の潮流がより強固になった。