屋良朝博氏は安全保障問題に関する豊富な知識を前面に、米海兵隊の運用見直しによる米軍普天間飛行場の即時停止・返還を訴え、議席を勝ち取った。知名度不足が課題だったが、玉城デニー知事とセットで運動を展開し浸透を図った。無党派の圧倒的な支持を得たことも当選につながった。