【コロンボ共同】日本外務省は22日、スリランカの連続爆破テロで日本人1人が死亡し、4人が負傷したことが確認されたと明らかにした。日本政府関係者によると、死亡したのは現地在住の女性で高橋香さん。地元メディアによると、警察当局者は22日、死者が290人に上ったと述べた。負傷者は500人以上。当局はイスラム教徒の計13人を拘束、実行犯の身元や動機、背後関係の捜査を続けた。

 21日、スリランカ最大都市コロンボで、犠牲者の死を嘆く親族(ロイター=共同)

 日本政府関係者によると、日本人負傷者4人のうち1人は現地の日本大使館員。KDDIは出張中の男性社員1人が巻き込まれ、負傷したと明らかにした。関係者によると矢島一巨さんだという。(共同通信)