全国高校総合体育大会「南部九州総体」の県内開幕まで100日を切り、県内の高校生が大会を盛り上げようと、記念品作りや新聞発行に励んでいる。沖縄水産高校では17日、大会に参加する選手や役員に贈る記念品「ペットボトルキャップ太鼓」の製作があった。