高良幸子バレエ団・研究所の第43回定期発表公演が14日、浦添市のてだこ大ホールで開かれた。メインとなる「くるみ割り人形」(チャイコフスキー作曲、マリウス・プティパ原振り付け)の全幕では多彩な舞踊で幻想的な舞台を作り上げた。