朝鮮半島や台湾出身の旧日本軍BC級戦犯への補償を求める市民団体が23日、補償法の早期成立を求めて国会内で集会を開いた。元戦犯の在日韓国人李鶴来さん(94)=東京都西東京市=は「健康状態が悪く、気が弱くなってきたが、何とか問題を解決してほしい」と訴えた。超党派の日韓議員連盟の河村建夫幹事長(自民)は法案の国会提出の有無について「7月の参院選後に議連総会を開いて方針を出したい」と述べた。

 旧日本軍BC級戦犯への補償を求める集会であいさつする日韓議員連盟の河村建夫幹事長(中央)。左は李鶴来さん=23日午後、国会

 旧植民地出身の元軍人・軍属は、日本国籍喪失を理由に軍人恩給などを受け取れなかった。李さんら元戦犯は60年以上、立法措置を求めて運動を続けてきた。(共同通信)