囲碁の井山裕太四冠は23日、大阪市で打たれた第44期碁聖戦本戦準決勝で一力遼八段に敗れ、2015年以来続く、七大タイトル戦の挑戦手合連続出場は29期でストップした。(共同通信)