共同通信 ニュース

レスリング、志賀は銀メダル アジア選手権

2019年4月23日 22:40

 【西安共同】レスリングのアジア選手権は23日、中国の西安で開幕して男子フリースタイルの5階級が行われ、70キロ級で昨年の全日本選手権覇者の志賀晃次郎は準決勝まで3試合連続でテクニカルフォール勝ちしたが、決勝でカザフスタン選手に敗れて銀メダルだった。

 男子フリー70キロ級決勝で、カザフスタン選手(左)に敗れた志賀晃次郎=西安(共同)

 57キロ級で2017年世界選手権王者の高橋侑希は準決勝で北朝鮮選手に敗れたが、3位決定戦を制して銅メダル。79キロ級で阿部侑太は2回戦で敗れ、敗者復活戦に勝ったものの3位決定戦を落とした。

 16年リオデジャネイロ五輪で五輪4連覇を成し遂げて以来の国際大会となる女子57キロ級の伊調馨は26日に登場する。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS