「大健闘だった。引き続きしっかりと地元を回るように」 衆院沖縄3区補欠選挙での敗北が決まった21日夜、島尻安伊子氏(54)の携帯電話に1通のメールが入った。自民党の甘利明選対委員長からだった。事実上、次の本選に向けた準備を促すものだった。