「歯の根の治療がなかなか終わらない」といった経験はありませんか? 根の治療に時間や回数がかかるのにはさまざまな理由があります。もともと歯の神経や血管が通っていた所(管)に細菌が感染してしまった場合に根の治療が必要になるのですが、この管は非常に複雑な形をしています。そのため、途中で細かい分岐をしていたり、先の方が大きく曲がっていたりすると、その部分の感染を除去するのが難しくなり、治癒に時間がかかってしまいます。

イラスト・いらすとや

 また、感染や炎症が長期に及んでいる(慢性的な炎症の)場合、感染が根の外側に及んでいたり、細菌がバイオフィルムと呼ばれる強固な集合体を形成していたりすることもあり、根の中がキレイになっても炎症症状がすぐに消えず、長期的な治療が必要になることもあります。

 根っこの治療を繰り返し行っている歯の場合には、治療により歯の根の壁が徐々に薄くなってしまい、それが原因でヒビが入ったり、途中に穴が開いてしまうことがあり、これも難治性を示す大きな要因となっています。歯の根の治療は、かぶせもの治療やむし歯の詰めもの治療と異なり、目に見えて治療前後の違いがないため、症状に変化がないと治療に対し不安に思われる方も多いかと思います。また、根の先の炎症している付近を触ることもあるため、それによる治療中の痛みであったり、唾液等が混入しないよう長時間口を開けている必要があったりと、なにかと嫌厭(けんえん)されがちな治療です。

 もちろん、抜いてブリッジやインプラント治療を行ったほうが良い歯もありますが、残すことに大きなメリットのある場合も少なくありません。昨今ではCTやマイクロスコープの普及により、以前では難しかった歯も治療で残せる可能性が高くなってきています。もし、歯を抜きたくない・何とか残したいと思われる方は、治療の進捗(しんちょく)を担当の先生に確認しながら、根の治療だけに“根”気強く治療を継続して頂ければと思います。(岡村健司 おかむら歯科医院 浦添市)