沖縄タイムス+プラス ニュース

米兵との交際・結婚のトラブル増加 NPOへの相談が12年間で9倍

2019年4月25日 05:00有料
9秒でまるわかり!
  • NPOの活動12年間で500人以上が相談。「公的対策が急務」と指摘
  • 交際解消や妊娠、金銭搾取やモラハラ、DVなど内容はさまざま
  • 基地を抱える沖縄は相談ニーズが高い。外国人居住者増加も要因か

 米軍関係者との交際・結婚トラブルを扱うNPO団体「ウーマンズプライド」(沖縄県沖縄市、スミス美咲代表)への相談件数が2018年は87人に上り、設立当初の07年から9倍近くに増えていることが23日までに分かった。活動12年間で対応した相談者は計500人以上。支援は長期化しがちで最長3年のケースも。

 
連載・コラム
記事を検索