共同通信 ニュース

競馬の天皇賞・春追い切り フィエールマンは軽快

2019年4月24日 14:54

 競馬の第159回天皇賞・春(28日・京都11R3200メートル芝、G1)の最終追い切りが24日、東西(美浦、栗東)のトレーニングセンターで行われ、昨年の菊花賞馬フィエールマンは、美浦BW(ウッドチップ)コースで軽快な動きを披露した。

 クリストフ・ルメール騎手騎乗で天皇賞・春の最終追い切りを行ったフィエールマン(奥)=美浦トレーニングセンター

 馬なりのまま併入に持ち込んだ。ラスト200メートルのタイムは平凡だったが、手応えは十分。クリストフ・ルメール騎手は「すごくいいコンディション。馬が走りたがっている。菊花賞の時よりパワーアップしたと思う。3200メートル、休み明けも大丈夫」と笑顔だった。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS