日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、本年4月1日の社名変更に合わせて新社名「日本製鉄」とともに鉄の魅力を広く認知いただくために、様々な広報施策を展開しております。この度、新たに企業ムービーを製作し、YouTubeで公開しましたので、お知らせいたします。

企業ムービーは、技術と環境にフォーカスを当てて、鉄の魅力を伝えています。技術は、自動車のハイテンを取り上げた「鉄のスター(ハイテン)篇」とインフラで活躍するパイプ「つなげる鉄(パイプ)篇」の2種類、また、環境は、鉄のライフサイクル全体で見た時の環境負荷が低いことを表現した「やさしい鉄(LCA)篇」と鉄分を海に供給することで、海域で吸収・固定されるブルーカーボンにフォーカスした「そだてる鉄(ブルーカーボン)篇」の2種類、合計4種類で、それぞれ30秒の動画を製作しました。動画は、日本製鉄公式YouTubeチャンネルで本日より公開しております。

【企業ムービー概要】
1.公開先
◆日本製鉄公式YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCIJ0lSy39Ls-PqjAggKzx9A

2.内容
(1)「鉄のスター(ハイテン)篇」:
鉄は、見た目は同じでも、やわらかい鉄や硬い鉄がある。軽いことで、燃費を高めてCO2を減らせたり、強度が高いので、衝突時の安全も確保できたりする、「強くて優しい鉄」を紹介。

(2)「つなげる鉄(パイプ)篇」:
目立たないところで社会や人々の暮らしを安心・安全につなげているパイプ=パイプテクノロジーを紹介。

(3)「やさしい鉄(LCA)篇」:
何度でも何にでもリサイクルでき、ライフサイクルの中でゴミになることなく、また、つくるときのCO2排出量も少ない環境にやさしい素材である鉄を紹介。

(4)「そだてる鉄(ブルーカーボン)篇」:
鉄分を海に供給することで、海藻が育ちはじめ、海の生き物が戻ってくる。育った海藻がCO2を吸収・固定し、地球温暖化対策にもなる。ブルーカーボンという考え方に鉄が貢献していることを紹介。


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2977





提供: