ホテル運営を手掛けるランタナ興産(那覇市)の「ホテルランタナ那覇国際通り」が25日、那覇市松尾に落成した。木下繁貴会長は同ホテルで開いた式典で「沖縄観光の一助となりたい」とあいさつした。全162室で、開業は5月中旬を予定。「那覇市内でリゾート気分を味わえる空間」をコンセプトに、観光客をターゲットとした集客を目指す。

家族客向けのフォースタイプ客室=25日、那覇市

フロント

レストラン

ツインタイプの客室

家族客向けのフォースタイプ客室=25日、那覇市 フロント レストラン ツインタイプの客室

 敷地面積は932平方メートル、延べ床面積は5012平方メートル、地上10階、地下1階建て。客室はツインを中心に、スイートルームや最大4人が泊まれるフォースなどがある。体の不自由な宿泊客に対応したユニバーサルルームもある。

 外国客などに対応するため、フロントには自動でチェックインやチェックアウト、精算ができる受付カウンターを備えている。