4月26日午後4時45分ごろ、沖縄県うるま市石川で「米軍車両が高速道路から落ちた」と地元消防に通報があった。うるま市の石川消防署によると、米軍車両は沖縄自動車道の沖縄北ICと石川IC間を北上中、中央分離帯を越え、さらに反対車線の擁壁も越えて石川の山城集落に転落した。高速道路は集落の約5メートル上を通っているという。

沖縄自動車道から転落した米軍大型車両(下)=26日午後6時27分、うるま市石川山城

 米軍救急隊に米軍人とみられる2人が搬送された。けがの程度は不明。消防によると、集落の住民にはけがはない。

 消防によると、転落した車両は6輪タイプの大型貨物車両だという。

 NEXCO西日本によると、事故の影響で石川ICから上り車線で5キロ、下り車線で約1キロの渋滞となっているという。