沖縄県の玉城デニー知事は26日の定例記者会見で、2018年度の入域観光客数が999万9千人と前年度より4・4%(41万9100人)増え、6年連続で過去最高になったと発表した。海外航空路線の拡充や、クルーズ船の寄港回数の増加などを背景に外国客が急増。初の300万人を突破した。