県が導入を検討している消防防災ヘリコプターは、2018年度内に全市町村との合意形成が図られなかったため、最短で22年秋を目指していた運用開始が遅れることになった。那覇市内で26日に開かれた、19年度沖縄振興拡大会議で報告された。