4月26日に那覇市内で開かれた2019年度沖縄振興拡大会議の終盤、3市町長が22年度以降の新たな沖縄振興計画の策定や予算確保に関して、不満の声を上げた。沖縄県と政府の関係を疑問視した格好だ。 中山義隆石垣市長は「次の振計期間も3千億円は確保できるのか。県と政府に信頼関係はあるのか」と疑問を呈した。