県消費生活センターは25日、県内ではがきによる架空請求が相次いでいるとして注意を呼び掛けた。同日午後2時現在、8件の相談が寄せられており「はがきに記載の電話番号には連絡せず、消費者ホットライン188番に相談してほしい」と話している。

 架空請求のはがきには「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」と書かれ、文中に「裁判取り下げ最終期日までにご連絡無き場合(中略)裁判所へ出廷となります」「裁判を欠席されると(中略)給与、財産の差し押さえなどの恐れがございます」などとある。

 相談はゴールデンウイーク中も国民生活センター窓口、電話03(3446)1623で対応する。