沖縄自動車道を北上していた米軍の中型トレーラーが中央分離帯を突き抜け、対向車線側のガードレールを破って斜面下に転落した事故から一夜明けた27日、うるま市石川山城の現場では壊れたガードレールや中央分離帯が修復された。

事故から一夜明けた現場。事故で壊されたガードレールが修復されていた=4月27日、沖縄県うるま市石川山城

 交通規制も解除され、県警によると事故の影響による渋滞はなかったという。

 米海兵隊は27日、沖縄タイムスの取材に「事故原因は調査中」とした上で「車両の運転について安全、確実にするよう努める」とコメントした。

 事故は公務中に発生したとみられる。日米地位協定は米軍の公務中事故の第1次裁判権を米側としており、日本側の調べは米軍の同意を必要とする。

 県警によると、憲兵隊と連絡を取り、病院に搬送された米海兵隊員2人の状況を確認。大型連休明けに2人から事故原因など事情を聴取するという。