山階鳥類研究所の尾崎清明副所長は4月25日、沖縄県国頭村安田の県道70号で車にひかれそうになったヤンバルクイナの映像を撮影した。尾崎さんは「ヤンバルクイナの動きは予見できないので、やんばる路で車を運転する際は注意して」と呼び掛けた。 

車の前に飛び出そうとするヤンバルクイナ=25日、国頭村安田(山階鳥類研究所提供。一部画像を加工処理しています)

 映像は25日午前9時ごろ、追跡調査をしている雄のヤンバルクイナの生態を記録しようと撮影された。ヤンバルクイナは車が接近してくるにもかかわらず車の前を横切る様子が映っている。運転手が気付いて減速したためヤンバルクイナはひかれなかったという。 

 約30分の映像には、ヤンバルクイナの雄と雌が道路を行ったり来たりする様子が映っていた。尾崎さんは「今は繁殖の時期。雄、雌のどちらかが死んでしまうと、卵も駄目になってしまう。運転には気を付けてほしい」と話した。