【小橋川慧通信員】「世界ウチナーンチュの日」制定を機に、ウチナーンチュ・ネットワークを広げようと県の事業が始まっている。一環として沖縄文化芸術振興アドバイザー平田大一さん、三線指導の亀井美音さん、舞踊指導の岩崎カンナさんがこのほど、バンクーバー沖縄県友愛会(奥間保会長)の新年祝会に派遣された。