レトルト食品や食肉加工品などを販売するあさひ(沖縄県那覇市、赤嶺厚司社長)は、しょうゆベースで甘さ控えめの「炙(あぶ)りソーキ」と復刻版「ビーフジャーキー」の販売を、同社のオンラインショップで始めた。店頭でも順次、展開する予定。「ビーフジャーキー」は、1983年に発売された「アメリカンジャーキー」の再販を望む声に応えた。

新商品をPRするあさひの比嘉幸雄特販部長(中央)ら=4月26日、沖縄タイムス社

 「炙りソーキ」は1箱300グラムで千円、「ビーフジャーキー」は5袋入りの各15グラムで1200円(各税別)。

 同社の比嘉幸雄特販部長は「お酒のつまみとして、主に男性観光客をターゲットに売り出したい」と話した。