沖縄タイムス+プラス ニュース

熱いダンスで県勢初の全国準V 那覇商高1年の上原さん

2019年5月3日 09:00

 東京の両国国技館で4月21日に開かれた世界最大規模のストリートダンス大会「ダンスアライブヒーローズ」のキッズ部門で、那覇商業高校1年生の上原紅葉(べに)さん(15)が全国から選ばれた各地区代表16人を破り、県勢初の準優勝に輝いた。

ストリートダンスの全国大会で準優勝に輝いた上原紅葉さん=2日、那覇市国場・ダンススクールログ

 同大会は全6部門に予選から1万人以上が参加し、全国大会の観客数は約1万2千人に上る。上原さんは約100人が参加した関西予選を1位で通過し、昨年に続き2度目の全国大会となった。予選当時は仲井真中3年生で、中学生以下のキッズ部門で出場した。

 昨年は1回戦敗退。今回は、大きな動きでアピールすることを意識し、ベスト8以上が競うメインステージに進出した。

 大勢の観客を前にしても「緊張より大舞台で踊れる興奮と喜びの方が大きかった」という。ダンス歴で上回る対戦相手を次々倒し、決勝戦まで上り詰めた。

 2位が決まった瞬間は「めちゃくちゃ悔しかった」と苦笑い。しかし、応援に駆け付けた家族や友人から「かっこよかった」「感動した」と声を掛けられ、「頑張ってきてよかった」と達成感に変わった。

 4月29日に京都であった欧州最大規模の大会「UDO」の日本予選では優勝し、8月に英国である世界大会への派遣を勝ち取るなど大きな大会で力を発揮している。

 「高校卒業後は渡米してダンスの本場を見るのが夢。自分の可能性を探してみたい」と目を輝かせた。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気