関係者しか入ることができない第一牧志公設市場の3階には、かつてほとんどの精肉屋が使っていた豚の解体室がある。現在、解体室を使うのは3〜4店。