大弦小弦

[大弦小弦]悲願の王者に向けた負けられない…

2019年5月4日 10:14

 悲願の王者に向けた負けられない大一番だ。バスケットボールBリーグの琉球ゴールデンキングスが2季連続でチャンピオンシップ準決勝に進出。4日から2戦先勝方式で昨季のリーグ王者、アルバルク東京をホームで迎え撃つ

▼準々決勝第1戦ではまさかの大敗を喫したが、崖っぷちからの2連勝は見事だった。持ち味のタフな守備からの速攻に、迷いなく打ち抜く長距離砲。テーマに掲げた「勝気」を体現するハードワークで4強の扉をこじ開けた

▼選手をもり立てたのはホームの沖縄市体育館を超満員にしたブースターだ。第2戦の開始直後、古川孝敏選手が3点弾を決めると、相手ヘッドコーチに「初戦と雰囲気が全く違った」と言わしめる歓声をとどろかせ、重苦しいムードを一変させた

▼第3戦で4本の3点弾を決めた岸本隆一主将は、リングにはじかれながらねじ込んだ2本を「みんなのおかげ」と感謝。大声援を力に変えた

▼今季はA東京に3勝1敗と勝ち越している。ただ、日本代表のエース級をそろえ、総合力では相手が優位との下馬評もある

▼キングスはBリーグ初年度に8強、昨季は4強と着実に進化。さらに上を狙うチームにとって準決勝の地元開催は大きなアドバンテージになる。一丸となった戦いで初の決勝進出、そして「令和」初の王者へと突き進んでほしい。(石川亮太)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間