沖縄タイムス+プラス プレミアム

[グアムルポ 米軍環境汚染](上)浄化費用 米軍が負担 作業20年、今も残る影響

2019年5月5日 15:00有料

 沖縄と同じように広大な米軍基地を抱える米領グアム。面積は沖縄本島の半分ほどの544平方キロで、うち約3割を国防総省が所有している。 基地や返還跡地の100カ所以上で汚染が見つかっている。ポリ塩化ビフェニール(PCB)、溶剤、殺虫剤、重金属。汚染物質も沖縄と似通っているが、違うことがある。

追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
ジョン・ミッチェル
岩波書店
売り上げランキング: 83,373

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング