沖縄タイムス+プラス プレミアム

[グアムルポ 米軍環境汚染](下)「島は米国の植民地状態」 基地建設で深刻な被害

2019年5月6日 12:58有料

 沖縄からグアムに移転する米海兵隊を受け入れるため現在建設中の基地は、島の環境に深刻な被害をもたらすとグアム議会の2人の議員は言う。 米国防総省が管理する島北部の土地ではキャンプ・ブラースが建設中だ。完成すれば2千エーカー(約809万平方メートル)の広大な基地となる。

追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
ジョン・ミッチェル
岩波書店
売り上げランキング: 83,373

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間