沖縄タイムス+プラス プレミアム

[グアムルポ 米軍環境汚染](下)「島は米国の植民地状態」 基地建設で深刻な被害

2019年5月6日 12:58

 沖縄からグアムに移転する米海兵隊を受け入れるため現在建設中の基地は、島の環境に深刻な被害をもたらすとグアム議会の2人の議員は言う。 米国防総省が管理する島北部の土地ではキャンプ・ブラースが建設中だ。完成すれば2千エーカー(約809万平方メートル)の広大な基地となる。

追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
ジョン・ミッチェル
岩波書店
売り上げランキング: 83,373

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気