沖縄タイムス+プラス ニュース

琉球ゴールデンキングス、堅守に阻まれ決勝進出逃す BリーグCS第3戦 A東京に60-72【動画あり】

2019年5月7日 23:47

 プロバスケットボール男子Bリーグの王者を決めるチャンピオンシップ(CS)準決勝(2戦先勝方式)第3戦が7日、沖縄市体育館で行われ、西地区優勝の琉球ゴールデンキングスはワイルドカードで出場した東地区3位のアルバルク東京と戦い、60―72で敗れて決勝進出はならなかった。

キングスーA東京 第1Q、ダンクシュートを決めるキングスのジェフ・エアーズ=7日、沖縄市体育館(下地広也撮影)

 相手の堅守に阻まれた。キングスは第1クオーター(Q)、A東京にターンオーバーから連続失点して追いかける展開。積極的な攻めでファウルをもぎ取り、フリースローを着実に沈めて11―10と逆転。その後追い付かれたが、岸本隆一のドライブや橋本竜馬の3点弾で18―17と幸先良いスタートを切った。

 だが第2Qでは堅守に阻まれてシュート成功率が落ち、2、3点を合わせたフィールドゴールが15本放って3本しか決まらず。対するA東京は3点弾を4本沈めるなど、残り2分過ぎで11点差に離された。終了間際にもターンオーバーから3点弾を決められ、24―38で折り返した。

 第3Q、田代直希の3点弾などで約4分を残して7点差まで追い上げたが、A東京がタイムアウト明け後に2ガードで臨んで得点すると、キングスはターンオーバーを連発。その後は須田侑太郎の3点弾だけにとどまり、15点差に突き放された。

 第4Qでは橋本竜馬がスチールを狙うなど勝利への執念を見せたが、点差は縮まらず。オフィシャルタイムアウト明けの残り3分30秒で竹内譲次にドライブを決められ、16点差をつけられた。必死の追い上げも実らず、決勝に進めなかった。(観客3691人)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS