オリオンビール(與那嶺清社長)は8日、チューハイの新ブランド「WATTA(ワッタ)」を14日から販売すると発表した。JAおきなわ(大城勉理事長)が提供した、沖縄県産シークヮーサーを原料に使用。アルコール度数や味の違う3商品を販売し、20代の若者から飲み応えを求める中年などをターゲットに据える。初年度は、年間325キロリットル、350ミリリットル換算で38万ケースの販売を目指す。

オリオンビールがお披露目した缶チューハイの新ブランド「WATTA」

チューハイの新ブランド「WATTA」を発表し、商品をお披露目したオリオンビールの宮里常務(右)とシークワーサー原料を提供するJAおきなわの大城理事長(左)ら=8日、那覇市のJA会館

オリオンビールがお披露目した缶チューハイの新ブランド「WATTA」 チューハイの新ブランド「WATTA」を発表し、商品をお披露目したオリオンビールの宮里常務(右)とシークワーサー原料を提供するJAおきなわの大城理事長(左)ら=8日、那覇市のJA会館

 アルコール4%の「リラックスシークヮーサー」は、青切りとフルーツシークワーサーの収穫時期の違う2種類をブレンドし、爽やかな香りや甘みが特徴。糖類とプリン体がゼロで9%の「ストロング フルーツシークァワーサーMIX」と、県産シークヮーサー由来のエキスを使った、甘くない9%の「ストロングドライ シークヮーサー」は、飲み応えを求める層を狙う。

 製造は沖縄ボトラーズ(本部町)に委託し、一部は県外でも製造する。県内の量販店やファーマーズマーケットなどで販売。県内販路へ供給でき次第、県外にも展開する。年度内に第2、第3弾の商品発売も計画しているという。

 オリオンの宮里政一常務らが同日、那覇市のJA会館で会見した。ブランド名には「私たち(わったー)自慢の沖縄の恵みや魅力的な素材を、おいしく割ったお酒」という意味を込めたという。

 宮里常務は「県産果実やスパイスなどを取り入れて、県産素材の魅力を発信するブランドを目指す」と説明。「若者を中心としたビール離れや嗜好(しこう)の多様化が進んでいる。4~5年前から検討しており、今回新たな挑戦として参入する。将来的には自前の工場で製造したい」と語った。

 同社は、WATTAの発売を記念して13日から那覇市久茂地のタイムスビル1階でイベントを開く。千円のチケットを購入し、商品と引き替えるチケット制。新発売の3商品を飲み比べれるほか、開発研究中の新たなフレーバーを試飲することができる。