沖縄県糸満市内の小学校で2015年、当時4年生の女児に対するいじめが発覚したのに適切な対応を怠ったとして、母親らが市に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が8日、那覇地裁(山口和宏裁判長)であった。市側は争う姿勢で、詳しい反論は今後明らかにする方針を示した。

 訴状によると、女児は複数の同級生から「死ね」などの暴言を受け、髪をむしったり腕を傷つけたり自傷行為をするようになった。心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、中学生になった現在も学校を休むなどの状態が続いているという。

 学校はアンケートを実施し、いじめを把握していたにもかかわらず、防止するための措置を講じなかったと主張している。

 裁判後、母親は記者団の取材に対し「事件後、私たち家族はずっと苦しんでいる。市は裁判で真実を表に出してほしい」と話した。